<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第2回QGIS勉強会

受講者の要望により、第2回は【ハンディGPSとの連携】で勉強会を行いました。
(QGISのバージョンは2.8)


内容は、
・前回のおさらい (第1回勉強会については、こちら
・GPSの基礎知識
・GPS→GISの活用
・GIS→GPSの活用


【GPSの基礎知識】
うちの職場では、ハンディGPS機種選定の基準が一切なく、個々の判断に任されているという状況のため、転勤後などにGPSの購入を判断する立場となった時、無駄な買い物をしないで済むようになればと思い、30分程度の話をさせてもらいました。

【GPS→GISの活用】
ハンディGPSで取得したデータ(waypoint、track)をGISで表示し、面積や路網延長距離を算出する方法を実習形式で。

【GIS→GPSの活用】
シェープファイルからGarminGPS用地図(imgファイル)を作成する方法と、
GarminCustomMapプラグインを使ってカスタムマップ(kmzファイル)を作る方法を実習形式で。
ついでに、道路地図などをGPSで表示するために、OpenStreetMapを使用していることを紹介させてもらいました。


というわけで
勉強会の資料として

・スライド
 PDFファイル
 ODPファイル(LibreOffice)
 pptxファイル(パワポ)

・サンプルデータ
 GPSデータ等(waypoint、track etc.)

をダウンロードできるようにしておきます。

背景地図は、第1回勉強会で使ったベクタデータを使っています。


第3回(Excelデータ活用・デジタイズ)はこちら
[PR]
by thorb38 | 2015-09-17 20:47 | GPS・GIS

第1回QGIS勉強会

職場内研修という扱いで、GISに興味のある職員を対象にQGIS勉強会を開催しました。
(QGIS2.8使用)

第1回は、

1.ベクタデータの表示
2.ラスタデータの表示
3.座標参照系について
4.QGISの設定
5.プロジェクトの設定

というカリキュラムで行いました。

一部職員には、すでにベクタ・ラスタデータとともに僕が作ったプロジェクトファイルを配布して、ある程度地図が出来上がっているところからQGISを使ってもらっていたのですが、このままでは転勤した瞬間にQGISを使えなくなるのでは、という不安があったので、自分でデータを用意・表示することができるようになってもらうため、基礎からガッチリやることにしました。

まずは何よりもQGISを操作してもらおう、ということで設定は後回しにして、まずベクタ・ラスタデータとは何か?を説明しつつ、シェープファイルやGeoTIFFをQGISに表示してもらってから、座標参照系や設定の話をして、最後にプロジェクトファイルを保存して終了という感じです。

勉強会用のベクタ・ラスタデータとして、室蘭市が公開しているオープンデータを使わせてもらいました。
http://www.city.muroran.lg.jp/main/org2260/odlib.php


勉強会の資料として、

・スライド
  PDFファイル
  ODPファイル(LibreOffice)
・サンプルデータ
  ベクタ(室蘭市オープンデータ・擬似林小班データ)

をアップしておきます。
残念ながらラスタデータは、容量が大きいのでアップしていません。

また、勉強会では、様々なWebサイトやGoogle Earthを使ったり、実際にQGISを操作しているところを見せながら講義しているので、この資料だけでは、ちょいと不十分かもしれません。


第2回は、勉強会後に要望の大きかったハンディGPSとの連携の予定。

・GPSで取得したデータをQGISで活用する方法
・QGISで作成したデータをGPSで活用する方法
・シェープファイルをGarmin用地図ファイルに変換する方法

で資料作成中です。

第2回(GPS連携)はこちら
[PR]
by thorb38 | 2015-09-06 21:48 | GPS・GIS