<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ラベルを変更する

【QGIS 2.0.1】

ラベルの表示設定をすることで、より見やすい主題図を作れるようになろう!
ということで今回は、ラベル毎に色を設定する方法を紹介してみる。


ラベルを表示しているレイヤを編集モードにすると、『ラベルを変更する』アイコンが使えるようになる。
a0122776_19185126.jpg

『ラベルを変更する』アイコンを選択してから、ラベルをクリックすると『プロパティ』が開く。
a0122776_19191873.jpg
おそらく上画像のように、テキストだけは編集できる状態になっているが、他の項目を変更することはできない。

そこで、前回の『ラベルの移動設定 』と同じように一手間加える必要がある。



ラベルを表示しているレイヤの属性テーブルを開いて、
編集モードに切り替えてから、フィールド計算機を開く。
a0122776_19195121.jpg

下画像のように設定して、色を設定するためのフィールドを追加する。
a0122776_19202542.jpg
とりあえずRGB(0,0,0) → 黒 で設定。

『color』が追加されたことを確認
a0122776_19205247.jpg
『レイヤラベリングオプション』を開く
a0122776_19211040.jpg
a0122776_19212655.jpg
『色』の右側にあるアイコンをクリックしてa0122776_19215189.jpg
フィールドタイプ → color をクリック
a0122776_19255127.jpg

これでラベル毎に色を変えられるようになったので、
改めて『ラベルを変更する』アイコンを選択してから、ラベルをクリックしてプロパティを開く
a0122776_19262923.jpg
好きな色を選択しましょう
a0122776_19264786.jpg

完成
a0122776_19265994.jpg
間伐箇所を強調するなどの使い方をすることで見やすい図面が作れます。


今回は色の設定の仕方で説明したが、他の設定でも基本的には同じで、レイヤに設定のためのフィールドを追加して、
a0122776_19215189.jpgアイコンで設定するという流れ。


色々試すと面白いです。


[PR]
by thorb38 | 2014-03-13 19:33 | GPS・GIS

ラベルの移動設定

【QGIS 2.0.1】

下記画像のような凹型の小班でラベルを表示させると、小班名が小班の外に表示されてしまう。(ポリゴンの重心にラベルが表示されるため)
a0122776_1584824.jpg

以前、ラベルのポイントレイヤを別に作成することで修正する方法を紹介したが
http://denthor.exblog.jp/18705302/
ファイルやレイヤ数が増加して管理が面倒くさい、という欠点がある。


今回は、上記記事中で諦めていた『ラベルの移動』の設定方法について記しておく。
ツールバーにある『ラベルの移動』アイコンは、そのままでは使用できないので、
a0122776_15102332.jpg

まず小班の属性データにラベルの座標を追加する必要がある。


そこで座標データを追加するためのポイントレイヤを作る。
今回は『Real centroids』プラグインを使ってみる。
※前回使った『Easy Custom Labeling』や
 ツールバーから【ベクタ】→【ジオメトリツール】→【ポリゴンの重心】でも可
a0122776_15113455.jpg

a0122776_15114391.jpg

作成したポイントレイヤを追加
a0122776_1513369.jpg

ポイントレイヤの属性テーブルを開く
a0122776_15134827.jpg

編集モードを切り替えてから、フィールド計算機を開く
a0122776_1514392.jpg

出力フィールド名『X』
出力フィールドタイプ『整数』or『小数点付き数値』
関数リスト → ジオメトリ → $x

で設定して、X座標を追加
a0122776_15141962.jpg

同様にY座標も追加する。
a0122776_15143196.jpg

編集を保存して編集モードを終了させる。

このポイントレイヤの座標を小班レイヤに結合させる。

小班レイヤのプロパティを開く
a0122776_15162897.jpg

左側の『結合』を選択してから、アイコンをクリック。
『ベクタ結合の追加』ウィンドウが開くので、
結合するレイヤとしてポイントレイヤを指定し、
それぞれのレイヤの共通するフィールドを選択して結合させる。
a0122776_15164525.jpg
※国有林の場合、飛び地になっている小班はポリゴンが独立しているが同じIDが割り振られている。事前に各地物に連番でIDを振り直さないと、IDが1対1で対応しないので注意。


小班レイヤの属性データにX,Y座標の情報が追加されたことを確認
a0122776_15211172.jpg

小班レイヤを『名前をつけて保存』
a0122776_15212393.jpg

小班レイヤのラベル設定でX,Y座標を下記画像のように設定
a0122776_15213832.jpg

以上の設定が全て完了したら、小班レイヤを編集モードにすると
a0122776_15214849.jpg

『ラベルの移動』アイコンを選択できるようになっているので
マウスのドラッグで好きな場所にラベルを移動させましょう。
a0122776_15222261.jpg


結局、面倒なことには変わりなし。
ラベルをポイントレイヤで管理するか、移動できるように設定するかは お好みで。

もっと簡単な方法ないかな…

(了)
[PR]
by thorb38 | 2014-03-09 15:26 | GPS・GIS