<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

THETAで森林調査

11/8に発売されたRICOH THETA
https://theta360.com/ja/
両面に画角180°のレンズがついている。

多少値が張るが、気軽に360°写真が撮れる、ということで思わず衝動買いしてしまった。

現場に行ったついでに試写してきたのだが、けっこう使えるものなのではないか、と思った。

①林況写真として
https://theta360.com/s/1ID
普通の写真では範囲が狭かったり、パノラマで撮影しても歪みがあるので、状況を把握しづらい。
それを改善できるのではないだろうか。


②ha当たり胸高断面積・材積を計算
上記リンク先の写真を縮小していくと球状になる(スマートフォンのブラウザは不可)。
下図のように天空に向けた状態で、スクリーンショットをとって全天空写真を作成する。
a0122776_20214977.jpg
森林管理システム『円空』を使えば、胸高断面積・材積を算出できる。
http://www.ablecomputer.co.jp/enque.html

円空で写真を読み込んで、中心位置・胸高位置を調整
a0122776_20235829.jpg
a0122776_2024951.jpg


計測
a0122776_2025356.jpg
a0122776_20251644.jpg
胸高断面積86㎡/ha は明らかに多すぎ。

今回のケースでは自動計測が上手く働かなかったので、
手動で計測
a0122776_2027138.jpg

結果(平均樹高を入力すれば、材積も算出できる)
a0122776_2027146.jpg

胸高断面積:36㎡/ha 材積:246.6㎥/ha

実際に調査した結果は、226㎥/haだったので、悪くない数字が出ているのではないでしょうか。


円空については、過去にも記事にしているので参考に。
http://denthor.exblog.jp/12241244/
http://denthor.exblog.jp/12284792/
[PR]
by thorb38 | 2013-11-13 20:34 | 調査

いろは順でソート

国有林の小班は、『いろは…』という並びなので、Excelなどを使っているとソートする時に困ることがある。

例えば、下のような表があったとすると、当然『1林班いろは小班、2林班いろは小班』の順番でソートしたいところだが、
a0122776_917532.jpg

小班を昇順でソートすると
a0122776_9181738.jpg

当然こうなる↓
a0122776_9191755.jpg


というわけで、『いろは…』順で小班を並べられるようにしよう。
まず、Excelのオプションを開く。
a0122776_922294.jpg

基本設定の【ユーザ設定リストの編集】
a0122776_9224919.jpg

ユーザ設定リストが開いたら
a0122776_9242974.jpg

リストの項目に、『い、ろ、は…』を最後の『ん』まで入力して【追加】
a0122776_9252498.jpg

リストに『い、ろ、は…』が追加される。
a0122776_926197.jpg


では、改めて小班を並べ替えましょう。
【ユーザ設定で並べ替え】
a0122776_9265276.jpg

順序を【ユーザ設定リスト】に
a0122776_9272053.jpg

リストから『い、ろ、は…』を選択
a0122776_9275363.jpg

【OK】をクリックすれば
a0122776_9292997.jpg

小班が『いろは…』順で並ぶ。
あとは、林班を昇順で並び替えれば
a0122776_9311744.jpg

a0122776_9312336.jpg

望んだ結果になるはず。

(了)
[PR]
by thorb38 | 2013-11-02 09:34 | メモ