<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Garmin Custom Mapプラグイン

さらに追記(2013/12/20)

プラグインのバージョンアップにより、CRSを手動で変換する必要がなくなった。


追記(2013/11/24)

プラグインがバージョンアップして、QGIS2.0にも対応
ただし、2.0の場合プロジェクトのCRSをwgs84にする必要がある。

以下、本文

その名の通り、Garmin製GPS用のカスタムマップを作ることができるプラグイン。

使い方は極めて簡単で、QGISに必要なレイヤを追加し、カスタムマップとして出力したい範囲を画面上に表示させたら
a0122776_2115506.jpg
ツールバーのプラグインからGarmin Custom Mapをクリック

設定画面が表示されるので
a0122776_21155444.jpg
JPG-QualityやZoom-Factorなどをイジってファイル容量の大きさと画像のクオリティの按配を色々と試すと良い。
自分は普段Zoom-Factorを2にするだけで使ってます。

あとは出力されたkmzファイルを、USBケーブルでPC に繋いだGPSの【custommap】フォルダにコピーするだけ。

Google Earthで表示すると、こんな感じ
a0122776_2116582.jpg

[PR]
by thorb38 | 2013-10-07 21:27 | GPS・GIS

QGISで土場を描く

QGIS ver1.7.4

追記あり(13/10/5):QGIS2.0で簡単な方法を見つけた → すぐに読む


QGISで長方形のポリゴンを作ろうと思うと、通常はフリーハンドで4点を設定しなければならないので、綺麗な長方形にならない。
a0122776_21243061.jpg

そこで【Rectangles ovals digitizing】プラグイン
http://plugins.qgis.org/plugins/rectovalDigit/
を使えば、長方形・楕円・多角形を任意に作り、自由に回転させることもできるが、
a0122776_21254955.jpg
ポリゴンの面積は作成後でなければ確認できない。
a0122776_21262685.jpg


というわけで、1点の座標と土場の傾き・大きさから、残り3点の座標をOfficeで計算させてみた。
(平面直角座標系 限定)

まず土場の傾きを求める。
a0122776_21274678.jpg

林道(赤線)に沿った土場を作図するので、
a0122776_21281414.jpg
上図のように角度を測る(例:149.865°)

土場の大きさ、林道沿いの1点目の座標と角度をOfficeに入力
a0122776_21301022.jpg
すると残り3点の座標が決まる。
※計算上、土場は時計回りに作ることとしているので、土場の傾きは149.865°から90°を引いた値。

土場のレイヤを編集モードにして、Numerical Digitizeプラグインのアイコンをクリック
a0122776_21314898.jpg

座標を入力するウィンドウが開くので、4点の座標を入力すると
a0122776_2132254.jpg

綺麗な長方形の土場を作成することができる。
a0122776_21324857.jpg
a0122776_21355812.jpg
ほぼ2000㎡になってる。

まぁ正直、手間が掛かります…
『やってみた』というだけなので、自分でも毎回こんなことをしようとは思ってません。

普段は、上記のRectangles ovals digitizingプラグインを使ってます。

追記はこちら
[PR]
by thorb38 | 2013-10-02 21:37 | GPS・GIS