カテゴリ:GPS・GIS( 60 )

iPod touch と Bad Elf と DIY GPS

iPod touchの外付けGPSを買った。
http://bad-elf.com/products/gps/

林業ニュースさん経由で知った
http://japanese.engadget.com/2012/07/12/garmin-gps-glonass-glo/
などのGPSも魅力的だが、bluetoothのものは辞めておいた。

理由は、iPod touchとbluetooth機器の両方のバッテリー管理が面倒だと思ったことが一番大きいかな。
コネクタに挿すだけ、というメリットは捨てがたい。


さて、次はアプリを選択しなければならないが、ポイントは大きく2つ。

①オフラインで使える
②職場で使ってる図面・データをインポートできる
 (林小班界などを表示させたい)

オフラインで地図を表示できるアプリはそれなりにあるが、外部地図のインポート機能も含まれているものとなると、途端に数が減ってしまう。

というわけで、DIY GPSをインストール。
http://itunes.apple.com/jp/app/deng-shan-yonggps-diy-gps/id393724766?mt=8
このアプリは、Garminのカスタムマップをイメージしてもらえれば良い。
カシミール3Dのマップカッターを使ったり、画像データ(図面)をGoogle Earthに貼って位置情報を与えたkmzファイルをインポートできる。
http://diygps.net/

そこで、Oregon450用に作ってあったkmzファイルを読み込んでみたのだが、これが上手くいかなかった。
おそらく原因は、複数の画像データを1つのkmzファイルにまとめたものだったから。
カスタムマップは1つの画像の大きさが1000ピクセル以内に制限されているので、ある程度広い範囲をカバーしようと思うと複数のファイルをまとめて、1つのkmzファイルにする必要がある。
あらためてkmzファイルをバラして、1つの画像ずつ保存しなおしたら読み込むことができた。


Bad Elf GPSとOregon450の精度比較をやりたいが、山に行く機会がすっかり減ってしまったので いつになることやら…
とりあえず参考URL ↓
http://www.notaboutthenumbers.com/2011/09/16/the-bad-elf-faces-off-with-gps-units/

それにしても我が家の touchちゃんは、+モバイルルータ&外付けGPSで、ほぼiPhone状態。
当分の間、iPod touchで充分かな。
[PR]
by thorb38 | 2012-07-15 12:40 | GPS・GIS

shp2kmlの文字化け解決方法

http://denthor.exblog.jp/12873785/の続き
上記リンク先では、日本語表示したいカテゴリのみMapWindowGISを用いてkmlファイルに変換しています。


1.shp2kmlでkmlファイルを作成する(←この時点では日本語が文字化けしている)。
2.変換したkmlファイルをメモ帳で開く。
3.「名前を付けて保存」で、文字コードをUTF-8にしてkmlファイルを上書き保存。

これで、日本語の文字化けを解消できます。
a0122776_11362683.jpg

以下、注意点と雑談。

続きを読む
[PR]
by thorb38 | 2012-06-09 11:37 | GPS・GIS

お手軽Garmin地図

追記:森林土木memoさんの記事がより有用です。いつもお世話になってます。
http://koutochas.seesaa.net/article/370424399.html


今回は、出来る限りお金と手間を掛けないでGarmin製GPSに地図を表示しよう、という話です。

手順
①CloudMade からimgファイルをダウンロード
   http://downloads.cloudmade.com/
②パソコンにGPSを繋いで、Garminフォルダにimgファイルをコピー

以上です。これだけでGarmin用の世界中の道路地図が手に入ります。


以下、詳細(というか能書き?)

続きを読む
[PR]
by thorb38 | 2012-01-26 20:21 | GPS・GIS

QGISの活用

国有林GISのレイヤ機能が弱いことと、基本的に署全体を一度に表示してしまうので処理が重いこともあり、
最近では個人的にQGISの利用を進めています。
http://www.qgis.org/

ついでに言えば、職場のパソコンが古くてCドライブの空き容量が不足していることと、
国有林GISをDドライブにインストールしなおすのが面倒という理由も。


手順
①国有林地理情報システムツール『データセット分割ツール』で地図データを森林事務所単位に分割
②分割した地図データから、『シェープファイル出力ツール』でshpファイルを出力
③衛星写真を図郭割図を参考に森林事務所単位にフォルダ分けしておく
④QGISで森林事務所毎に②(ベクタデータ)と③(ラスタデータ)の表示・調整
⑤プロジェクトファイルを保存


で、国有林のデータをQGISに表示した後に『森林土木memo』さんの記事を参考に
http://koutochas.seesaa.net/article/239631364.html
傾斜区分図を作成して表示したり、
地質図や
http://riodb02.ibase.aist.go.jp/db084/
植生図を
http://www.vegetation.jp/
重ねて表示して利用しています(利用しようとしています、と言った方が正確か)。

その辺の方法は、時間があればまとめようと思っていますが、正直いつになるかは分かりません。



以下は、上記手順の注意点

続きを読む
[PR]
by thorb38 | 2012-01-24 18:58 | GPS・GIS

dbf explorer

shp2kml でField Label を表示する設定でshp から kml に変換しようとすると
エラーが出る件について
http://denthor.exblog.jp/13892487/


前回、dbf ファイルを編集する方法として、OOoを用いる方法を紹介しましたが、
dbf explorerを用いた方が簡単でした。

http://www.pablosoftwaresolutions.com/html/dbf_explorer.html(フリーソフト)

dbf ファイルを開く(ドラッグ&ドロップ可)。
a0122776_2255527.jpg

Structureボタンを押すと、Modfy Database Structure ウィンドウが開くので、
該当するField Name(今回は、林班主番)を選択して、Edit ボタンを押す(もしくは林班主番をダブルクリック)。
a0122776_2265465.jpg

すると、Edit Field ウィンドウが開くので、Field Length に100と入力してOKをクリック。
a0122776_2284128.jpg

メニューバーの File → Save As をクリックしてdbf ファイルを上書き保存する。
a0122776_2292019.jpg

これで、問題なくshp2kml で変換できるようになっているはずです。


今回の例だけでなく、Add(追加) Edit(編集) Delete(消去)ボタンで自由にdbf の編集が可能です。
便利ですよ~
[PR]
by thorb38 | 2011-11-03 22:23 | GPS・GIS

shp2kmlでエラーが出る

お久しぶりです。
さて、新任地へ来て3週間ほど経ちました。
慣れない仕事に悪戦苦闘するばかりの日々で、もはやblogをどうこう、という余裕は当分なさそうです。


取り急ぎ1点だけ。

『shp2kml』を使って林班区画のベクタデータをshpからkml に変換する際に
林班名を表示させるように設定して変換しようとすると、

「Index result for "林班主番" too long. >100 characters(254)」

というエラーメッセージが出ました。
原因はよく分かりません。前任地にいた時は、エラーが出たことはなかったのですが。


解決方法としては、
ベクタデータのdbfファイルを編集しなければならないのですが、
そのためには、OpenOffice(LibreOffice)の『データベース』というソフトが必要です。
http://ja.openoffice.org/
http://ja.libreoffice.org/

簡単に書いておくと
データベースでdbfを開いたら
フィールド名『林班主番』の設定“長さ”が、254に設定されていると思うので、
それを100以下に設定して保存するだけです。


ちなみにdbfファイルの内容は、excelで見ることができます。
Office2003以前なら編集して保存することもできますが、
2007から読み込むことはできても、保存することができなくなってしまいました(何故だ!?)

いずれ余裕が出来てきたら、『データベース』でdbfを編集する方法を書きたいと思います。


追記(10/30)

dbf編集について調べていたら
http://morinogps.blog.so-net.ne.jp/2010-10-27
このブログで自分が書こうと思った内容が、ほぼそのまんま書いてあったので
とりあえず『データベース』の話はリンクを貼って終わり、ということで。

それから『dbf explorer』というdbf編集ソフトを見つけました。
http://www.pablosoftwaresolutions.com/html/dbf_explorer.html
こちらの方が『データベース』を使うよりも簡単です。
操作方法については、またいずれ。
[PR]
by thorb38 | 2011-10-27 21:04 | GPS・GIS

GeoTIFFの合成

http://denthor.exblog.jp/13361243/の続きです。

手順
1.合成するGeoTIFFファイルからtfwファイルを取り出す
2.2つのGeoTIFFファイルを合成して、1つのTIFFファイルにする
3.合成したTIFFファイルと、1.のtfwファイルからGeoTIFFファイルを作成

今回使うソフト
libgeoGUI
http://freegeographytools.com/2007/a-new-gui-for-the-libgeotiff-worldfile-utilities
 リンク先、画像の少し上「at this link」をクリックするとダウンロードできます。
 GeoTIFF → GeoTIFF&tfw もしくは、TIFF&tfw → GeoTIFF
 というように、tfwの抽出と結合が行えるソフトです(gtfファイルも扱えます)。

GIMP2
http://www.geocities.jp/gimproject/gimp2.0.html
 様々な形式のファイルを編集できる高性能なグラフィックソフト(フリーソフト)


まず合成したい2枚のGeoTIFFファイルを用意したら、libgeoGUIを起動。
a0122776_1050320.jpg

Input GeoTiffの右にある[・・・]をクリックして、GeoTIFFファイルを選択。
2枚のGeoTIFFは同じ座標情報を持っているので、どちらから抽出してもよい。
Exportをクリックすると、tfwファイルが抽出されます(gtfファイルも同時に抽出されるが必要ありません)。


次に、GIMP2にGeoTIFFファイルを2枚とも読みこませる。今回は ↓ の画像を合成します。
a0122776_110566.jpg

片方の画像から必要な箇所だけ選択してコピー。もう片方の画像に貼り付け、という慣れれば簡単な作業です。

最初に読み込んだファイルが『背景』、もう1枚は『レイヤー』として扱われます。
コピー元のレイヤーを選択したら、ツールボックスより範囲選択ツールを選びます。個人的には【自由選択】が使いやすいです。
a0122776_11355345.jpg

コピーする範囲をマウスのクリックorドラッグで選択します。
a0122776_11402561.jpg

選択したら、画像を右クリック → 編集 → コピーします。
a0122776_1143574.jpg

コピー先である背景を選択。再び画像を右クリック → 編集 → 貼り付け。
このあと、貼り付ける位置をドラッグで動かすことができますが、必要ないので そのままもう一度クリックして貼付けを確定します。
a0122776_11462911.jpg

レイヤーの左にある目玉アイコンをクリックすると、レイヤー画像が表示されなくなるので
a0122776_11561096.jpg

合成された画像(背景画像)が表示されるはずです。
a0122776_11571640.jpg

レイヤーはもう必要ないので、右クリックからレイヤーを削除して、背景画像のみにします。
a0122776_131699.jpg

名前を付けて保存します。ファイル形式は、TIFF
圧縮方法を聞かれますが、最初に選択されている CCITT Group4 のままで問題ないと思います。

GIMP2での作業は以上です。


最後に、再びlibgeoGUIを用いて、合成したTIFF画像とtfwファイルから GeoTIFFを作成します。
a0122776_1381132.jpg

GeoTiff metadata : tfw(gtfでも可)を選択。
Input Tiff : 合成したTIFFを選択。
Output GeoTiff : 作成するGeoTIFFの保存先とファイル名を入力。

[Embed]をクリックすると、GeoTIFFが作成されます(拡張子は.tiffのままです)。

tfwやgtfファイルは不要なので削除してしまってOKです。


参考サイト:
http://www.yaskey.cside.tv/mapserver/note/geotiff.html
GeoTIFF に関する様々な情報。

http://myokinawa.uchina.jp/gousei/
レイヤーの不要な部分を透明化して、背景画像と合成する方法。

http://kumacrow.blog111.fc2.com/blog-entry-415.html#gimp-pathcut1
GIMP2の様々な範囲選択方法の紹介。
[PR]
by thorb38 | 2011-09-23 15:38 | GPS・GIS

基本図の仕組み

ここ最近、国有林GISのラスタデータ(基本図、GeoTIFFファイル)をいじってました。


以前、MobileMapper6に基本図を読みこませる記事を書いた時に、少し触れていたのだが、もう少し突っ込んでみよう、と思う。

参考:モバイルマッパー6の活用 その2
http://denthor.exblog.jp/13296084/


上記リンクに書いてあるように、【N・E・W・S】付きのファイルを削除せずに、ラスタデータを表示させると
a0122776_11225239.jpg

↑ のように格子状に途切れてしまう。

そこで不要なファイルを削除すれば、ある程度繋がって表示されるのだが、↓ のように途切れる箇所がまだ残っている。
a0122776_1133561.jpg

本来は、↓ のように表示されなければならない。
a0122776_151642.jpg

何故このようなことになってしまうか、と言うと
ラスタデータの元となった紙の基本図が営林署ごとに作られていたため。
つまり現在は同じ森林管理署に属していても、統合前に別々の営林署だった箇所は、隣接しているにも関わらず2枚の基本図に分かれてしまっている。
a0122776_1140895.jpg

この上下の画像は、全く同じ座標情報を持っているので、一度に表示させると重なってしまって、どちらかが表示されなくなってしまう。
a0122776_11401952.jpg

よって森林管理署の基本図を全て繋げるには、営林署単位で途切れてしまっている基本図を統合しなければならない。

そのためには、上画像のような同じ座標情報を持つGeoTIFF画像を選別して合成する必要がある。
ちなみに、自分の所属署では基本図を全て繋げるのに、約40組(80枚)の画像を合成する必要があった。


というわけで、別記事にて ↓ GeoTIFFファイルの合成の仕方を説明していきたい、と思います。
http://denthor.exblog.jp/13370924/
[PR]
by thorb38 | 2011-09-08 17:46 | GPS・GIS

MM6の活用 その4

その1 http://denthor.exblog.jp/13294872/
その2 http://denthor.exblog.jp/13296084/
その3 http://denthor.exblog.jp/13297757/


今回は、MapManager 用のファイルを作成して、MobileMapper6に読み込ませる。


ラスタデータ・ベクタデータをMapViewer で表示できたら
地図を縮小してMobileMapperに読み込ませたい範囲が全て見える状態にする。

ツールバーにある【PDA地図コピー】のアイコン(ハサミの形)をクリック
マウスのドラッグで、切り取る範囲を設定すると
a0122776_1540046.jpg

プレビューが表示される。各設定は画像を参考に。
a0122776_15411325.jpg

例示したケースは、2森林事務所分 約17,000haを切り取っている。
プロジェクトで、名前をつけることと保存先のフォルダを設定するのを忘れないように!

OKをクリックするとファイルが作成されるが、その内容は
 ・pjkファイル(MapManager用のmapファイル)
 ・選択した範囲のラスタデータ(mru、mrwファイル)
 ・選択した範囲のベクタデータ(shpファイル)
と、色々あるので、全て同じフォルダに入れておくように。

無事にファイルが出来たら、フォルダごと MobileMapper用のSDカードにコピー。


SDカードをMobileMapperにセット。電源を入れたらMapManagerを起動。
【メニュー】→【ファイル】→【開く】
先ほど作った.pjkファイルを選択すると 地図が表示されます。

最初は、地図全体が表示されるので重く感じますが、拡大すればサクサク動きます。

MobileMapperのスクリーンショットの撮り方が分からなかったので
どんな感じに見えるのかは、実際に試してくださいm(_ _)m
[PR]
by thorb38 | 2011-08-22 20:35 | GPS・GIS

MM6の活用 その3

その1 http://denthor.exblog.jp/13294872/
その2 http://denthor.exblog.jp/13296084/


今回は、MapViewer で基本図とベクタデータを表示するまで


MapViewer を起動したら、メニューバーの【ツール】から【地図画像変換】をクリックする。
『その2』で用意した基本図ラスタデータを選択(複数選択可)
変換先のフォルダを指定して、変換実行
a0122776_16453035.jpg

この変換作業を行わないと、MapVeiwerでラスタデータを読み込めない。
変換すると、拡張子.mru と.mrw の2種類のファイルが出力される。
mrw は mru のワールドファイル(座標情報)なので、必ず同じフォルダに入れておくこと。

次に、メニューバーの【主題図】から【レイヤ追加】をクリック。
先ほど変換したmruファイルを全て選択すると、基本図が表示される。
a0122776_16461411.jpg

基本図だけでは白黒なので、より見やすくするために、shpファイル(ベクタデータ)を重ねるのだが、
今回の主目的は、等高線の表示と動作の軽さ なので表示するカテゴリを制限する。
(必要に応じて、表示するカテゴリを増やすのは自由ですが)

具体的には、等高線・林班名・小班名は、基本図に載っているものを活かして、ベクタデータを用いない。

再び【主題図】→【レイヤ追加】
境界・境界点・林道・作業道・歩道・林班界・小班界のshpファイルを選択。
a0122776_16472346.jpg

最初はランダムに色がつくようなので、各レイヤを右クリック【凡例編集】から線の太さや色を調節する。
a0122776_16544759.jpg

線は、心もち太めにしておいた方がMobileMapper6で見る時に見やすいかな…

見た目の調節が終わったら、【名前をつけて保存】しておく。
FMファイル(Fieldmap.Document) という種類のファイルで保存されるが、このファイル自体にはラスタデータやベクタデータの情報は含まれていないので、FMファイルを作った後で、それらのデータファイルを別の場所に移動させたりすると、FMファイルを開いても MapViewerが認識しなくなってしまうので注意が必要(QGISなどと一緒)。


次回、MapManager用のファイル作成とMobileMapper6での操作。→ http://denthor.exblog.jp/13313190/
[PR]
by thorb38 | 2011-08-20 23:31 | GPS・GIS