下刈

a0122776_12222998.jpg
下刈の現場を見て回っている。
実作業は、請負業者が行うので、それを監督・検査するのが当方の役目である。

そこで、いつも居心地の悪さを感じるのだが、それは作業員の90%以上が、すでに年金受給者である、ということ。
こちらは、下刈り作業が正しく行われているか、見て歩くだけ。その一方で、自分の父親よりも年齢が上の人たちが作業をしている。

あとは、現場代理人と雑談(良い言い方をすれば、情報交換)をするのだが、やはり若い人はなかなか入ってこないし、入ってきても長続きしないそうだ。

うちの職場自体も、山を知っている者が定年退職で次々に居なくなっている。

山で作業をする者が居なくなるのは、そう遠い話ではなさそうだ。
[PR]
by thorb38 | 2009-07-07 12:30 | 造林
<< ゴミ拾い 自己紹介 >>