縮尺によってkmlの表示を切り替える

shpファイルをkmlファイルに変換してGoogle Earthに表示する
http://denthor.exblog.jp/12873785/
http://denthor.exblog.jp/15523426/の続き

等高線や小班界などはズームアウト時に表示する必要がないので、自動的に表示を切り替える方法について。
具体的には ↓ こんな感じ。
a0122776_199113.gif
以前より、『Region』を用いれば可能であることは分かっていたのだが、操作が面倒だったので放置していた。
この程 簡単な方法を見つけたので、紹介。

『Region』って何? という人は こちら
https://developers.google.com/kml/documentation/regions?hl=ja
http://nancyatte.web.fc2.com/gps/tricks_region/index.html


で、具体的な方法については こちら
http://homepage2.nifty.com/mohri/EZregion_help.htm
EZregionをダウンロードして、使い方のとおり操作しましょう。

[GET]で範囲を指定したら、あとは minLodPixels の数値を設定すればOK。
数値を大きく設定するほど、拡大しないと表示されないようになる。

2007年に公開されたプログラムだけど、Windows7 Google Earth6で問題なく動きます。
[PR]
by thorb38 | 2013-02-16 19:34 | GPS・GIS
<< iOSでimgファイルを表示 GoGo!ハイク >>