GoGo!ハイク

Androidアプリ『GoGo!ハイク』
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.koudanet.gogohiking&hl=ja
位置情報をつけたjpgファイルを表示できる。
使い勝手としては、iOSの『DIY GPS』、Androidの『Yamanavi』に近い。
紙の図面をスキャナで読み取ってタブレットに表示したい、なんて時には便利。

基本的な使い方は、公式サイトを見てね。
http://yamayama10.web.fc2.com/gogohike.html


カシミール3Dのマップカッターでkmzファイルを作成すればGoGo Hikeで読み込めるのだが、この『kmzファイルを読み込める』というのが実はクセモノで、カシミール3D以外で作ったkmzファイルは読み込めないのだ。
(例えばGoogle Earthのイメージオーバレイでjpgファイルに位置情報を与えて作ったkmzファイルは読み込めない)


というわけで、カシミール3D以外で作ったkmzファイルをGoGoハイクで読み込めるようにしましょう。

手順は以下のとおり

①kmzファイルを解凍してkmlファイルにする(jpgとkmlをzip圧縮したものがkmz)
②kmlファイルをメモ帳で開く
③座標情報が入っているので、下図のように『ファイル名・西端・北端・東端・南端』に編集
a0122776_19584439.jpg

④txt(テキスト)ファイルとして保存
⑤jpgとtxtを、端末の『gogohike』→『mapfiles』フォルダにコピーする
a0122776_19592876.jpg

jpgファイルの大きさは、一辺2000~3000ピクセルくらいで。
サイズが大きいとエラーが出て読み込めない。


『Yamanavi』の方がメジャーなアプリだが、『GoGo!ハイク』の方が動作が軽快。
a0122776_20373586.png

[PR]
by thorb38 | 2013-02-14 20:41 | GPS・GIS
<< 縮尺によってkmlの表示を切り替える 第5世代 iPod touch... >>