GeoTIFFの合成

http://denthor.exblog.jp/13361243/の続きです。

手順
1.合成するGeoTIFFファイルからtfwファイルを取り出す
2.2つのGeoTIFFファイルを合成して、1つのTIFFファイルにする
3.合成したTIFFファイルと、1.のtfwファイルからGeoTIFFファイルを作成

今回使うソフト
libgeoGUI
http://freegeographytools.com/2007/a-new-gui-for-the-libgeotiff-worldfile-utilities
 リンク先、画像の少し上「at this link」をクリックするとダウンロードできます。
 GeoTIFF → GeoTIFF&tfw もしくは、TIFF&tfw → GeoTIFF
 というように、tfwの抽出と結合が行えるソフトです(gtfファイルも扱えます)。

GIMP2
http://www.geocities.jp/gimproject/gimp2.0.html
 様々な形式のファイルを編集できる高性能なグラフィックソフト(フリーソフト)


まず合成したい2枚のGeoTIFFファイルを用意したら、libgeoGUIを起動。
a0122776_1050320.jpg

Input GeoTiffの右にある[・・・]をクリックして、GeoTIFFファイルを選択。
2枚のGeoTIFFは同じ座標情報を持っているので、どちらから抽出してもよい。
Exportをクリックすると、tfwファイルが抽出されます(gtfファイルも同時に抽出されるが必要ありません)。


次に、GIMP2にGeoTIFFファイルを2枚とも読みこませる。今回は ↓ の画像を合成します。
a0122776_110566.jpg

片方の画像から必要な箇所だけ選択してコピー。もう片方の画像に貼り付け、という慣れれば簡単な作業です。

最初に読み込んだファイルが『背景』、もう1枚は『レイヤー』として扱われます。
コピー元のレイヤーを選択したら、ツールボックスより範囲選択ツールを選びます。個人的には【自由選択】が使いやすいです。
a0122776_11355345.jpg

コピーする範囲をマウスのクリックorドラッグで選択します。
a0122776_11402561.jpg

選択したら、画像を右クリック → 編集 → コピーします。
a0122776_1143574.jpg

コピー先である背景を選択。再び画像を右クリック → 編集 → 貼り付け。
このあと、貼り付ける位置をドラッグで動かすことができますが、必要ないので そのままもう一度クリックして貼付けを確定します。
a0122776_11462911.jpg

レイヤーの左にある目玉アイコンをクリックすると、レイヤー画像が表示されなくなるので
a0122776_11561096.jpg

合成された画像(背景画像)が表示されるはずです。
a0122776_11571640.jpg

レイヤーはもう必要ないので、右クリックからレイヤーを削除して、背景画像のみにします。
a0122776_131699.jpg

名前を付けて保存します。ファイル形式は、TIFF
圧縮方法を聞かれますが、最初に選択されている CCITT Group4 のままで問題ないと思います。

GIMP2での作業は以上です。


最後に、再びlibgeoGUIを用いて、合成したTIFF画像とtfwファイルから GeoTIFFを作成します。
a0122776_1381132.jpg

GeoTiff metadata : tfw(gtfでも可)を選択。
Input Tiff : 合成したTIFFを選択。
Output GeoTiff : 作成するGeoTIFFの保存先とファイル名を入力。

[Embed]をクリックすると、GeoTIFFが作成されます(拡張子は.tiffのままです)。

tfwやgtfファイルは不要なので削除してしまってOKです。


参考サイト:
http://www.yaskey.cside.tv/mapserver/note/geotiff.html
GeoTIFF に関する様々な情報。

http://myokinawa.uchina.jp/gousei/
レイヤーの不要な部分を透明化して、背景画像と合成する方法。

http://kumacrow.blog111.fc2.com/blog-entry-415.html#gimp-pathcut1
GIMP2の様々な範囲選択方法の紹介。
[PR]
by thorb38 | 2011-09-23 15:38 | GPS・GIS
<< 引越し準備中 iphoneで樹高測定 >>