MM6の活用 その4

その1 http://denthor.exblog.jp/13294872/
その2 http://denthor.exblog.jp/13296084/
その3 http://denthor.exblog.jp/13297757/


今回は、MapManager 用のファイルを作成して、MobileMapper6に読み込ませる。


ラスタデータ・ベクタデータをMapViewer で表示できたら
地図を縮小してMobileMapperに読み込ませたい範囲が全て見える状態にする。

ツールバーにある【PDA地図コピー】のアイコン(ハサミの形)をクリック
マウスのドラッグで、切り取る範囲を設定すると
a0122776_1540046.jpg

プレビューが表示される。各設定は画像を参考に。
a0122776_15411325.jpg

例示したケースは、2森林事務所分 約17,000haを切り取っている。
プロジェクトで、名前をつけることと保存先のフォルダを設定するのを忘れないように!

OKをクリックするとファイルが作成されるが、その内容は
 ・pjkファイル(MapManager用のmapファイル)
 ・選択した範囲のラスタデータ(mru、mrwファイル)
 ・選択した範囲のベクタデータ(shpファイル)
と、色々あるので、全て同じフォルダに入れておくように。

無事にファイルが出来たら、フォルダごと MobileMapper用のSDカードにコピー。


SDカードをMobileMapperにセット。電源を入れたらMapManagerを起動。
【メニュー】→【ファイル】→【開く】
先ほど作った.pjkファイルを選択すると 地図が表示されます。

最初は、地図全体が表示されるので重く感じますが、拡大すればサクサク動きます。

MobileMapperのスクリーンショットの撮り方が分からなかったので
どんな感じに見えるのかは、実際に試してくださいm(_ _)m
[PR]
by thorb38 | 2011-08-22 20:35 | GPS・GIS
<< docomoの登山道map MM6の活用 その3 >>