MM6の活用 その2

その1 http://denthor.exblog.jp/13294872/


今回は、ラスタデータの準備。


国有林 基本図のファイルは、国有林GISをインストールしたフォルダ内にある。
【Cドライブ】【Program Files】【NFGIS2.3】【map】【3桁の数字】【3桁の数字】【Pictures】
(3桁の数字は、署によって異なる)

後で詳しく書くが、ファイルの選別をする必要があるので、基本図のGeoTIFFファイルだけ他のフォルダにコピーした方が良い。

基本図のファイル名は、例えば【18000101-20080331-01015.tif 】のようになっていて、
下5桁の数字が、かつての営林署を示している。
基本図は、営林署毎に作られていたので、所属している森林管理署が例えば5つの営林署を統合してできたものなら
01000番台~05000番台で、5地区に分けることができる。


次に
ファイル名の最後に、【N・E・W・S】と方位のついたファイルがあるのだが、
これは、各基本図の東西南北に はみ出した部分のデータである。
(紙の基本図を見ても分かるが大半は小班名。下画像参照)
このファイルを削除しないと、基本図が繋がって表示されず、格子状に途切れてしまう。
a0122776_11214331.jpg

しかし、方位つきのファイルが全て不要なわけではなく、次の画像のように
a0122776_11175620.jpg

必要なものもあるので、全てのファイルに目を通して選別しなければならない。

 ※関連記事【基本図の仕組み】 http://denthor.exblog.jp/13361243/


不要な方位つきファイルの削除が出来たら、MapViewerでの作業に入る。
次の記事に続きます。 → http://denthor.exblog.jp/13297757/
[PR]
by thorb38 | 2011-08-19 22:59 | GPS・GIS
<< MM6の活用 その3 モバイルマッパー6の活用 その1 >>